1. HOME
  2. 買いたい
  3. よくあるご質問 Q&A

よくあるご質問 Q&A

マンションの購入・リノベーションについて、お客様から数多く寄せられる疑問・ご質問をご紹介します。
こちらに掲載されていない質問がございましたら、お電話・お問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせご相談ください。

物件購入について

Qマイホーム探しについて|マイホームはどうやって探せば良いの?
A現在はインターネットの発達等により、不動産物件の情報は比較的入手しやすくなりました。一方で、本当に自分の希望条件にピッタリな物件を数ある情報から見つけることが難しい場合もありますし、インターネットに掲載される前に買い手がついてしまう場合もあります。
自分で探すのと並行して信頼できる不動産会社・営業担当に物件探しを依頼することをおすすめします。数多くの物件情報から希望条件にピッタリな物件探しをしてくれるだけでなく、気になった物件についてプロの視点からのアドバイスも受けられます。
Qマイホーム探しについて|どの不動産会社に依頼したら良いの?
A各不動産会社は「レインズ」というシステムに不動産情報を登録し情報を共有しています。したがってどの不動産会社に依頼しても物件情報はほぼ同じものを得ることが可能です。複数に依頼するとそれぞれの不動産会社から都度連絡が入り、煩わしさを感じる可能性もあります。
自分の希望をしっかりと汲み取ってくれる信頼できる不動産会社・営業担当に任せるのが良いのではないでしょうか。
Qマイホーム探しについて|マンションと一戸建てどちらが良いの?
Aそれぞれに良いところがありますので一概にどちらが良いとはいえません。マンションであれば鍵一つでお部屋の施錠が可能であり、オートロック、防犯カメラなどセキュリティー面もしっかりしているものが多い点や、玄関も含めて段差が少ないものが多く、気密性が高いため冷暖房効率も良い傾向があります。一方で一戸建ては当然建物内に他の居住者がいませんから、階下への気遣いが不要だったり思い通りのリフォームが出来たりといったメリットがあります。
どちらがお客様のライフスタイルにより合うのかが重要になります。
Q購入資金について|購入可能な物件価格はいくらぐらい?
A一般的には月々支払うことが出来るローンの返済額から借入可能額を割り出し、頭金を合計して算出します。当社ホームページ内に「住宅ローンシミュレーター」をご用意しておりますのでご利用ください。ただし、希望の借入が出来ない場合もございますので、営業担当または金融機関にご相談ください。
Q購入資金について|購入時の諸経費はどのくらい必要ですか?
A売買代金以外にかかる諸経費としては、印紙税、登録免許税、不動産取得税等の税金や、ローンを利用する場合の事務手数料、保証料、保険料など、また、中古物件などでは仲介手数料もかかります。一般的に売買代金の6%~10%ほどかかりますので、予め準備が必要です。ほかにも引越し費用等も見込んでおいたほうがよいでしょう。
Q購入資金について|手付金はどのくらい必要ですか?
A通常は売買価格の10%を売主様に支払うケースが一般的です。手付金を小額にすることは可能ですが、契約を解除したい時に手付金を放棄することで無条件で契約を解除することができるというペナルティーとしての性格上、安易な契約の解除ができないよう、売主様、買主様の双方にとって、小額の手付金は望ましくありません。
Q住宅ローンについて|現在車のローンが残っています。住宅ローンを利用することは可能ですか?
A車、その他のローンがある場合、そのローンの毎月の返済額を考慮に入れて、住宅ローンの月々の支払いが可能かどうかの審査が行なわれます。車などのローンが多い場合には、住宅ローンの借入額に影響が出てくることがありますので、先に返済が可能であれば、他のローンは完済しておいた方が良いでしょう。
Q売買契約について|重要事項説明とは?
A宅地建物取引業法上、不動産業者の宅地建物取引主任者が、契約が成立するまでの間に、買主様に対して売買物件や取引条件に関する一定の重要事項の説明をすることが義務付けられています。 名鉄コミュニティライフでは、宅地建物取引主任者の資格を持った営業担当が、所定事項が全て記載された「重要事項説明書」でじっくり丁寧にご説明いたします。
Q中古物件購入について|リフォームは売主・買主どちらの負担でおこなうのですか?
A中古住宅の売買は現況引渡しのケースが一般的です。つまりリフォームは買主様のご負担となります。
Qその他|物件価格の値下げ交渉は可能でしょうか?
A物件価格も含めた契約条件は売主様と買主様との間で、調整を行います。価格以外の条件としては、引渡しの時期、引渡しの状態(エアコン等の付帯設備の条件や、リフォームの有無)などがあります。トータルで条件を調整する中で、価格交渉ができることもあります。詳しくは、ご希望の条件を営業担当者にご相談ください。

リノベーションについて

Qリノベーションで変更できないところはありますか?
Aマンションでは、専有部分(住戸内)に関しては、間取り変更をはじめとして、たいていの変更が可能ですが、躯体などの構造部分、玄関ドアやサッシなどの共用部分に該当する部分の変更は、できないケースがほとんどです。また、専有部分内でも、上下階との関係で、キッチンや浴室などの水周りの移動に制限が生じたり、使用できる床材が制限されたりすることもあります。一方、一戸建ての場合は、管理規約のようなルールはないものの、建築基準法に照らす必要があります。階段の位置を変えるなどの大規模な変更は、建築確認が必要になります。また、総じて間仕切り壁が耐力壁であることが多いので、間仕切り壁を移動するようなリノベーションは難しいケースも多くなります。
Qリノベーションすることにより資産価値は上がりますか?
Aリノベーション後の住宅の資産価値は、どんなリノベーションを施したかにもよりますが、経年によって老朽化した建具、建築時のままの旧式の設備や仕様が最新式のものに変わることとともに、間取りが今のトレンドに合うものに変わることで、住宅の価値は格段にアップするといえるでしょう。ただし、リノベーションにかけた費用がそのまま売値に転嫁できるかというと、必ずしもそうとはいいきれず、あくまでもそのときの住宅マーケットの状況次第といえそうです。
Qリノベーションした住宅には、購入後何年ぐらい住めますか?
Aマンションの場合は、まず購入を検討する段階で、具体的な建て替えの計画が持ち上がっていないかどうかを確認する必要があります。特に計画がない限り、あるいは、この先、建て替え計画が管理組合で決議されない限りは、原則として住み続けられます。また、大規模修繕計画がきちんと定められ、計画通りに実施されているなど、適切に管理・メンテナンスされていることが長く住めるかどうかを左右する重要な要素になるでしょう。一戸建ての場合は、住み手のメンテナンス次第。いずれの場合も、新築時に躯体が適切に設計され、その通りに施工されていることが条件となります。
Q住みながらのリノベーションは可能ですか?
Aリノベーションの規模によります。スケルトン状態にして完全に解体して工事を行う場合は不可ですが、部分的(リビングだけ・水回りだけ等)なリノベーションの場合は可能です。ただし、騒音やほこりが気になって精神的な負担がかかるのではないかという不安をお持ちの方もいらっしゃいます。そういった場合は、仮住まいをご検討されることをお勧めいたします。

ページトップ

名鉄コミュニティライフ株式会社

本社マップ
〒104-0032  東京都中央区八丁堀2-24-2 Tel.03-3551-1411 Fax.03-3551-1414
名古屋支社マップ
〒450-0003  名古屋市中村区名駅南1-16-30 Tel.052-589-0860 Fax.052-589-0864